お金借りる

コンビニATMでお金を借りる3つの方法~これなら即日融資が可能!

投稿日:

コンビニATM画像
「コンビニATMからお金を借る方法が知りたい!」、この記事はそんな人のために書きました。

コンビニATMで今すぐ借入する方法や、その借入手順などを解説していますので、この記事を読んでもらえれば、「今すぐコンビニATMから借入するには?」という疑問が解決します。

早急にお金が必要で、コンビニATMから借入したいときの参考にぜひしてください!

コンビニATMで今すぐお金を借りる3つの方法

コンビニATMで今すぐお金を借りる方法には、次の3つがあります。

  1. 大手消費者金融のローンカード
  2. 大手消費者金融のアプリ
  3. クレジットカードのキャッシング枠

大手消費者金融のローンカード

以下の大手消費者金融では専用の「ローンカード」を発行してくれます。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

発行したカードは、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどの大手コンビニのATMであれば、問題なく利用できます。

また、大手消費者金融には「自動契約機」がありますので、当日中にローンカードの発行ができます。

このため、申込当日にコンビニATMからの借入が可能です。

大手消費者金融のアプリ

以下の大手消費者金融のアプリを利用すれば、セブン銀行の「スマホATM」から借入することができます。

  • アイフル
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

セブン銀行のスマホATMとは、提携会社のアプリをインストールしておけば、カードがなくてもスマホひとつで、金融機関との取引ができるというサービスです。

先述した大手消費者金融4社はこのスマホATMの利用ができ、契約後はすぐにコンビニATMから借入が可能です。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠を付属済みなら、今すぐコンビニATMから借入できる場合が多いです。

クレカのキャッング枠の場合、付属済みであれば審査不要で借入できます。

このため、コンビニATMで利用できる会社であれば、今すぐに借入が可能です。

方法ごとに解説!コンビニATMでお金を借りる際の流れ

ここからは、先に紹介した3つの方法のコンビニATMでお金を借りる際の流れを解説していきます。

大手消費者金融のローンカードで借入する流れ

大手消費者金融のローンカードで借入する流れは、以下のような感じになります。

1.公式サイトから申し込み
2.審査
3.自動契約機か店舗で契約~カード発行
4.ATMで借入

大手消費者金融のローンカードで借入する場合、「今すぐ借りたい!」という場合は自動契約機か店舗への来店が必要です。(店舗があるのはアコム・プロミス・アイフルのみ)

なぜなら、そうしないとカードは郵送になってしまい、手元に届くまで数日かかってしまうからです。

申し込みはネットからで問題ありませんが、契約時は自動契約機が店舗への来店するようにしてください。

コンビニATMでのローンカードの利用手順

コンビニATMで大手消費者金融のローンカードを利用する手順は、基本的に次のような感じになります。

1.コンビニATMにローンカードを挿入
2.出金を選択
3.暗証番号の入力
4.借入額を入力
5.現金とカード、利用明細を受取る

銀行のキャッシュカードでお金を下ろすときをイメージしてもらえればOKですので、むずかし手続はひとつもありません。

大手消費者金融のアプリで借入する流れ

大手消費者金融のアプリで借入する流れは、たとえばプロミス場合ですと、以下のような感じになります。

1.プロミスの公式アプリ「アプリローン」をダウンロード
2.アプリの「新規申込~ご契約」をタップし、申込手続をする
3.審査
4.契約
5.セブンイレブン(セブン銀行)のスマホATMで借入

他社の場合でも大きな違いはありませんので、とくに迷うことなく手続していけるかと思います。

セブンイレブンのスマホATMの利用手順

セブンイレブンのスマホATMでの借入方法は、プロミスを例にすると以下のとおりです。

1.アプリの画面から「お借入れ」をタップ
2.バーコードリーダーを起動させる
3.セブン銀行ATMのTOP画面から「スマートフォンでの取引」ボタンを押す
4.ATMで表示されたQRをバーコードリーダーで読取り
5.企業番号の表示を確認
6.企業番号をATMの入力画面して「確認」ボタンを押す
7.画面に従って借入手続をする

こちらも他社であっても大きな違いはなく、借入までの流れはほぼ一緒です。

クレジットカードのキャッシング枠で借入する流れ

クレジットカードのキャッシング枠で借入する流れは、たとえば「JCBカード」でセブン銀行から借入する場合ですと、以下のような感じになります。

1.JCBカードを挿入
2.「お引出し」ボタンを押す
3.暗証番号(4桁)を入力
4.利用金額を入力
5.1回払いは「キャッシングサービス」、リボ払いを希望する場合は「カード・ローン」ボタンを押す
6.「確認」ボタンを押す
7.JCBカード、利用明細票および紙幣の受取り

今回はJCBカードで解説しましたが、この流れは他社でも大きな違いはありません。

支払方法が「1回払い」か「リボ払い」になる点に注意!

クレジットカードのキャッシング枠の場合、支払方法を「1回払い」か「リボ払い」のどちらかを選択するケースが多いです。

1回払いであれば、手数料は抑えられますが次回の返済の負担が大きくなります。

リボ払いの場合、複数回の返済になるため、毎月の返済額は少なくなりますが、手数料は大きくなってしまいます。

2つの支払方法にはこうした違いがありますがので、その点をしっかりと理解しておき、最適な方法を選択するようにしましょう。

コンビニATMでの借入にはこの4つに注意しよう!

ここからは、コンビニATMで借入するときの注意点をお伝えしていきます。

コンビニATMでの借入には以下の4つの注意点があるため、きちんと確認しておいてください。

  1. 利用手数料
  2. 簡易明細書の発行
  3. 利用できない時間帯
  4. 借りすぎ

利用手数料

コンビニATMで借入をすると、以下の利用手数料をとられるケースが多いです。

利用額 利用手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

利用手数料は少額ですが、何度も支払っているとけっこうな額になってくるため、気をつけておきましょう。

たとえば、大手消費者金融であれば、以下のような対策をとることで無料にすることが可能です。

  • レイクALSAのような提携ATM手数料無料の会社を選ぶ
  • その会社の専用ATMを利用する
  • 提携ATMでも手数料無料のATMで借入する
  • ATMではなく振込キャッシングで借入する

簡易明細書の発行

コンビニATMで借入をすると、「簡易明細書」の発行があるのが基本です。

簡易明細書には借入している会社名や借入額などが記載されていますので、誰かに見られてしまうと、借金をしていることがバレてしまいます。

そのため、簡易明細書の保管や処分には十分注意しておくようにしてください。

利用できない時間帯

コンビニATMは基本24時間利用できますが、それでも深夜や早朝などは、メンテナンスなどによって利用できない時間帯が存在します。

たとえば、アコムの場合ですと、セブン銀行では以下の時間帯は利用不可能です。

  • 23:50~0:10
  • 月曜日の1:00~5:00

よって、深夜や早朝などに借入したい場合は気をつけておきましょう。

借りすぎ

コンビニATMでの借入には、借りすぎてしまいやすいとう点があるので注意です。

ローンカード・アプリ・クレカのどの方法でも、銀行口座からお金を下ろすときのように借入ができてしまいます。

これはメリットですが、借金という感覚が薄くなりやすいというデメリットでもあるんですね。

簡単にお金が借入できてしまうがため、ちょっとしたことで利用してしまい、借入しすぎてしまうという危険もあるのです。

よって、借入する際は慎重に考え、必要最低限の利用にしなくてはいけません。

コンビニATMでお金を借りる3つの方法まとめ

コンビニATMで今すぐ借りたいと思ったら、次の3つの方法がおすすめできます。

  1. カードローン会社のローンカード
  2. カードローン会社のアプリ
  3. クレジットカードのキャッシング枠

この3つの方法であれば、即日融資も可能であるため、「お金が必要!」と思ったときに、スピーディーにコンビニATMから借入することが可能です。

-お金借りる

Copyright© お金借りるならどこ?本当におすすめのお金を借りる方法10選! , 2019 All Rights Reserved.