アコム

アコム審査に通る人と落ちる人は何が違う?アコム審査の流れについても解説します!

投稿日:

アコムロゴマーク
アコム審査に通る人と落ちる人はどこが違うのでしょうか?

アコムでお金を借りる際、審査に通過する必要がありますが、通る人もいれば落ちてしまう人もいます。

そのため、「審査に通過できる人とそうでない人の違いを知りたい!」という人は多いかと思います。

そこでこの記事では、そうしたアコムの審査の疑問についてわかりやすく解説してみました!

アコムの審査に通る人と落ちる人の違いを比較!

アコムの審査に通る人と落ちる人には、以下のような違いがあります。

審査に通る人 審査に落ちる人
毎月安定して収入がある
クレカやローンの返済期日を守っている
他社の借入額と件数が多すぎない
過去に事故情報を起こしていない
在籍確認ができる
毎月の収入が不安定
クレカやローンの返済期日を守っていない
他社の借入額と件数が多すぎる
過去に事故情報を起こした
在籍確認ができない

基本的に、審査に通る人と落ちる人の違いは上記のとおりであり、おおまかにまとめると以下の3つになります。

  • 収入は安定しているか?
  • 信用情報に問題がないか?
  • 在籍確認ができるか?

なぜそう言い切れるかという理由は、アコムの審査の判断基準から来ています。

そこで次章では、アコムの審査の詳細を伝えいきますので、このままお読みください。

アコムの審査はこの2つから合否が判断される

アコムの審査は、おもに次の2つの情報から合否が判断されます。

  • 申込時の個人情報
  • 信用情報

申込時の個人情報

審査の申込時には年収や職業、勤続年数などの個人情報を申告することになります。

そして、それらの個人情報は審査の判断材料として使われます。

その中でもとくに重視されるのが以下のような情報です。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数

年収

返済をしていくにはある程度の年収が必要です。

基本的に年収が高い人ほど、返済に使えるお金が多くなるため、審査に有利となります。

逆に年収が低い人は、返済に使えるお金が少ない可能性が高いため、審査に不利となりやすいです。

ただし、アコムのようなカードローンの審査では、年収の高低はそこまで重視されません。

収入の高さよりも、継続性(安定性)のほうが重視されるからです。

そのため、「100万円程度しか年収がない・・・」というような場合でも、審査に通る見込みは十分あります。

実際に口コミなどを見ても、アルバイトやパートなどの人も審査に通っているケースが多数あるため、間違いありません。

職業

「どのような職業に就いているか?」という部分は、非常に重視されます。

なぜなら、職業によって収入の安定度が大きくことなるからです。

先ほど、アコムの審査では収入の高低よりも、継続性のほうが重視されるとお伝えしました。

この部分に直結してくるのが職業なのです。

たとえば、自営業の場合ですと、どんなに昨年度の年収が高くても、今年は赤字で収入が激減しているとこともあり得ます。

よって、アコムは年収よりも、職業で収入の安定性を判断します。

このため、公務員のようなリストラのない職業や、大企業の正社員のような安定度の高い職業ほど、審査に通過しやすい傾向にあります。

逆にパートやアルバイト、水商売などの離職率の高い職業、自営業や投資家などの収入の不安低な職業は審査に不利です。

勤続年数

「勤続年数がどれくらいあるか?」という部分も、アコムは確認します。

理由は、勤続年数が長い人ほどおなじ職場に留まる可能性が高くなるため、収入の安定度も高いと判断できるからです。

それに対して、勤続年数が短い人はこの先もおなじ職場に留まるか不透明です。

辞めてしまい収入がゼロになることや、転職によって収入が激減する危険もあります。

このため、勤続年数が長い人ほど審査に有利となり、そうでない人は審査に不利となる可能性もでてきます。

信用情報

アコムは審査で「信用情報機関」への照会をし、あなたの「信用情報」を調査します。

信用情報機関とは、クレジット会社やローン会社、銀行などが加盟している機関であり、「CIC」・「JICC(日本信用情報機構)」・「JBA(全国銀行個人信用情報センター)」の3つを指します。

信用情報とは、上記の3つの機関にある、あなたがこれまで利用したクレジットカードやローンの利用記録のことです。

アコムはCICとJICCに加盟していますので、この2つの機関に照会し、おもに次の3つを重点的に確認します。

  • 他社の借入額と件数
  • 過去の返済記録
  • 事故情報の有無

他社の借入額と件数

他社の借入額と件数によっては、これ以上の融資ができないことや、危険な場合があるため、必ずチェックされます。

まず、アコムは「総量規制」の対象となるため、申込者の年収の1/3までしか融資ができません。

年収の1/3までというのは、アコムだけでなく、他の貸金業者と合計してになります。(他の貸金業者=消費者金融・信販会社・クレジット会社)

よって、信用情報を確認し、貸金業者からの借入がいくらあるかを調査することは必須なのです。

また、総量規制の対象外となる借入でも、金額や件数が多いほど毎月の返済負担が増えますので、返済に使えるお金が減ります。

総量規制対象外となる借入

総量規制の対象外となる借入とは、貸金業者以外からの借入となります。アコムのようなカードローンでは、おもに銀行や信用金庫、労働金庫などのカードローンやフリーローンを指します。


その他にも、多重債務者である可能性も大きくなるという問題もあります。

そうした人にお金を貸すのはリスクが高くなるため、他社の借入額と件数が多いほど審査上不利になります。

過去の返済記録

信用情報にはクレカやローンの返済記録があり、これらは申込者のお金に関する信用を判断するのに利用されます。

当然ですが、返済期日を守らないような人は信用できないため、アコムも融資するわけにはいきません。

よって、以下のような返済を期日どおりにしていないと、審査に通るのが難しくなります。

  • カードローン・キャッシング
  • クレジットカード
  • 住宅ローンや自動車ローンなどの各種ローン
  • 携帯電話の本体分割払い

とくに現在進行形で延滞しているような場合は、返済するお金がないと判断されてしまい、確実に審査落ちになってしまうので注意です。

事故情報の有無

信用情報に「事故情報」がある場合、審査に通る見込みはありません。

事故情報とは、信用情報機関で「金融事故」として扱われるものであり、おもに以下の4つが代表的です。

  1. 長期延滞(2~3ヶ月以上の延滞)
  2. 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産などの借金減額・免除措置)
  3. 強制会社(契約違反で契約を強制的に解除されること)
  4. 代位弁済(返済不能になり保証会社に立替えてもらうこと)

このような事故情報を起こした場合、お金に関する信用度や返済能力がまったくないと判断されてしまい、審査落ちになることがほとんどです。

アコムの審査は「在籍確認」をクリアできることも必須!

アコムの審査には在籍確認があり、「申込者は申告した勤め先で働いているか?」という部分を電話で調査されます。

よって、この在籍確認がクリアできないと審査には通りません。

ただし、アコムの在籍確認は本人以外が対応しても問題なく完了できます。

たとえば、会社の上司や同僚などが対応し、「現在は外出中です」などと応答しても、在籍確認はされたことになります。

そのため、「申込当日は出社しない」、「営業なので外回りが多く対応できそうにない」といった場合でもまったく心配入りません。

在籍確認は他人にバレないので安心してOK!

アコムの在籍確認は、「非通知・担当者の個人名」でされます。

そのため、他人が対応してもアコムからの電話だとは、わからないように配慮がされています。

用件を聞かれても、プロのオペレーターが「この間お世話になったためお礼を」などと、上手く誤魔化してくれます。

決して、アコムの社名やキャッシングの在籍確認であることは明かしませんので、安心してください。

在籍確認は「書類提出」という形に変更も可能!

アコムの在籍確認は電話ではなく、「書類提出」という形に変更もできます。

人によっては「会社に電話は絶対辞めてほしい!」という場合や、プライバシーの問題などによって対応が難しいこともあるでしょう。

そうした場合、事情を話せば、審査担当者の判断次第では、書類提出によって在籍確認をしてもらうことも可能です。

その場合は、社会保険証や給与明細などを提出することになります。

アコムの審査の申し込みから借入までの流れ

この章では、「アコムの審査がどんな感じになるのか知りたい!」という人のために、審査の申し込みから借入までの流れを解説しています。

審査を受ける前に確認しておけば、迷うことなく審査を受けることが可能ですので、ぜひ目をとおしておいてください。

はじめに申込方法を確認しておこう!

アコムの審査の申込方法は次の5つです。

  • インターネット
  • 店頭窓口
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 電話(0120-07-1000)
  • 郵送

「カードがすぐ欲しい!」などの理由がなければ、インターネットから申し込みするのが一番手っ取り早いです。

インターネットであれば、画面の指示に従って手続してくだけで良く、来店も必要ないため、ほぼすべてが自宅にいながら完結できます。

また、店頭や自動契約機でカードを発行したい場合でも、申し込みはインターネットでしておくのがおすすめです。

そうしておけば、自宅で申し込みから審査まで完了できますので、来店しておこなうのは契約とカード発行だけで良くなります。

必要な書類はこの2点

アコムの審査に必要な書類は以下の2つです。

提出条件 有効な書類
本人確認書類 必須 本人確認書類 必須 運転免許証
個人番号カード
健康保険証+(住民票・公共料金領収書・納税証明書のいずれか1点)
収入証明書 限度額50万円超を希望する場合または、アコムの希望限度額と他の貸金業者の借入合計が100万円超になる場合 源泉徴収票
給与明細書
市民税・県民税額決定通知書
所得証明書
確定申告書・青色申告書・収支内訳書

それぞれ有効期限内のものや、最新のものを提出するようにしてください。

そうでないと無効になってしまいます。

申し込みから借入までの流れ

アコムの申し込みから借入までの流れは、インターネット申し込みですと、次のような感じになります。

1. アコムの公式サイトから申し込み
2. メールに記載されたURLからログインし、「書類等のご提出方法」から必要書類を提出
3. 審査~メールで審査結果の通知
4. メール内の「契約手続きのお願い」から契約をする
5. 借入

申込完了後は、申込時に申告したメールアドレスに、申込受付完了メースが届きます。

そのメール内のURLからログインし、次のいずれかの方法で必要書類を提出してください。

  • 会員ログインからのアップロード
  • 専用アプリからのアップロード
  • FAX

書類提出をした後は審査となり、審査は「9:00~21:00」の間であれば、最短30分で完了します。

審査通過後は契約をし、その後はすぐに利用ができます。

以下の時間帯であれば、即日口座へ入金してもらうことも可能です。

  • 平日14:30まで
  • 初回のみ平日18:00まで(三井住友銀行・三菱UFj銀行・ゆうちょ銀行)
  • 24時間(楽天銀行)

アコム審査のまとめ

アコムの審査で重要となるポイントは以下の3つであるため、審査に通る人と落ちる人の違いはこの点に問題がないか否かです。

  • 毎月安定して収入があるか?
  • 信用情報に延滞歴や事故情報がないか?
  • 在籍確認がおこなえるか?

このため、上記の点に問題がなければ、アコムの審査に通る見込みがあり、無事に借入して使いたいことにお金を利用できる可能性が高いです。

そうしたことから、審査を受ける前にはこの3つの条件をクリアできているかをしっかりと確認しておいてください。

-アコム

Copyright© お金借りるならどこ?本当におすすめのお金を借りる方法10選! , 2020 All Rights Reserved.